業務案内|税務・会計顧問

毎月貴社へ訪問し、起票のご指導や帳簿書類を確認によるご指摘や補完後の試算表により前期・同業種比較や決算対策(赤字・黒字)を行い、決算予測、申告書類、事業計画書を作成します。

私たちはこんなサービスを提供しています


1.毎月貴社へ訪問

私たちは毎月貴社へ訪問し経理の内容をチェックします。これを私たちは「巡回監査」と呼んでいます。資料のすべてを当事務所まで持参いただくという手段もあるかもしれませんが、その内容により税務に関する専門家として確認しなければならない資料と、関与先様が思う資料に相違がある場合が多いので、私たちが訪問させていただいて直接現地で資料を確認させていただいています。月次で決算を行い、試算表をお渡しします。これにより決算前での検討や資金計画、それに金融機関から要求される「直近の試算表」に対応することができ、社会的信用を得ることができます。

2.起票のご指導(初期)

私たちは起票につきパソコンでの処理を推奨しています。そしてそのソフトは当事務所が提供するソフトのみとさせていただいております。これは当事務所において統一的なサービスを提供できることや、改正税法などへの対応の信頼性、予算管理や口座別管理や手形管理の使いやすさから総合的に判断しております。立上支援料として10,000円(税別)を頂戴しておりますが、勘定科目や取引先名などの初期設定から操作の仕方を丁寧にご指導しております。ご理解いただくまで何回でも訪問します。通常2〜3回程度でマスターできるほどになる操作しやすい使いやすいソフトです。なお、パソコンでの処理が不可能な方は会計日記帳という記帳の方法もありますので、ご相談ください。

3.伝票・帳簿類の確認

起票いただいた内容に基づき原始記録と確認いたします。ここで単純なケアレスや科目適正を確認するとともに、必要な議事録・規程などのご提案をいたします。申告数値に関する立証責任は納税者側にあります。その立証記録を保全して、その不足部分のご指摘・補完をさせていただくことにより税務当局から問題指摘を受けないよう伝票や帳簿類を確認させていただき、最新の試算表を出力します。なお会計日記帳による場合には現地で簡易的に集計し現在の状況を集計します。

4.打ち合わせ

伝票・帳簿類の確認はこの打ち合わせをするために行うといっても過言ではありません。正確な試算表をもとに現在の状況から前期比較や同業種との比較をし説明します。労働分配率や家賃比率、融資相談や節税・黒字化対策、保険指導などご説明する内容はさまざまです。貴社で活用できる税法の特典や他士業の紹介など様々な角度から貴社をサポートをします。当事務所で対応できること(法律的・能力的)は当事務所で対応します、原則として相談から生じる内容からの別途報酬はありません。気軽にご相談ください。

5.決算予測、申告書類、事業計画書の作成

打ち合わせした内容に基づき節税対策や赤字の場合の黒字化対策といった決算事前検討のための書類、税務申告書類の作成(私たちは原則として電子申告により申告を行っています)来期へ向けての利益計画に基づく事業計画書の立案・作成を行います。なお当事務所では決算ごとに貴社の金融機関格付の報告を行い、また決算書を図解によってわかりやすく説明し将来への展望に向けて一緒になって考え発展するサポートをさせてもらっています。

当事務所では、決算による申告書控をファイル化してCD-Rにて提供しています。

これは、

  1. 分析・格付診断・解説グラフ、決算書の図解のわかりやすいもののみを紙で提供したい
  2. 金融機関へ複写を持参する際の原本たる紙の劣化防止
  3. 事務所でもファイル化して保存しているので、紛失時でも迅速な対応

などの理由によるものです。 なお、パスワード管理によるセキュリティー保護をしておりますし、透かしによる改ざん防止も施しておりますので金融機関からの信頼性も頂いております。

試算表は、メール添付、CD-R、紙のいずれかを選択いただいております。ファイルは申告書控と同様にPDFでパスワード管理によるセキュリティーで保護しておりますのでご安心ください。なおメール添付の場合には事務所内にて特典を設けてありますのでお問い合わせください。

当事務所指定の会計ソフトで起票いただいている関与先様は総勘定元帳・仕訳帳につき電子帳簿保存申請を行いCD-Rにて提供しています。別途料金は頂戴しておりません。総勘定元帳の保管場所にも困ることは無いと思います。

このページのトップに戻る
Copyright © Licensed Tax Accountant Shoichi Maruyama Office All rights reserverd.